金正恩委員長の“涙のワケ”、そして新型ミサイルの意味は…?異例尽くしの深夜パレードから北朝鮮情勢を読み解く(20/10/12)

 朝鮮労働党創建75周年を迎えた10日、軍事パレードを開催、その模様を生中継した北朝鮮。真夜中のスタートは異例で、「北極星4A」と書かれた新型のSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)や、新型と見られるICBM(大陸間弾道ミサイル)もお披露目された。


 しかし、それ以上に異例尽くしだったのが、時折涙ぐむ場面も見せた、金正恩委員長による演説だった。


 金委員長は「全人民に熱い感謝と祝賀の挨拶を謹んで捧げる。本心は“ありがとうございます”の一言に尽きる」「一人の悪性ウイルス(新型コロナウイルス)被害者もなく、皆が健康であってくれて、本当にありがとうございます」と、国民に向け敬語を使って呼びかけかと思えば、「天のようで海のようなわが人民のあまりにも厚い信頼を受けるだけで、ただの一度も満足に応えることができず、本当に面目ない。まだ努力と真心が足りず、わが人民は困窮した生活を脱することができずにいる」と、声を震わせて自らの力不足を詫びる場面も。


 北朝鮮情勢を研究する日本大学国際関係学部の川口智彦准教授は「演説が始まってすぐに感じたのが、“何が起こったのか”ということだった。これまで何度も金委員長の演説は聞いてきたが、大抵は原稿を見ながら淡々と話していた。それが今回は頭から非常に感情がこもっていた。私は“影武者説”などは絶対に唱えないが、そうであったとしても不思議でないくらい、いつもとは様子が違った。しかも涙声になり、ついには眼鏡を外して涙を拭った。非常に感動的な演説だった」と振り返る。


続きをABEMAビデオで 視聴する

ABEMA TIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア