「日本に勝つためのツールとして”北朝鮮との夢”を語るのは現実離れ」文大統領の”南北経済協力”発言に波紋(19/08/04)

 輸出管理上の優遇国(ホワイト国)から韓国を除外した日本政府に対し、およそ1万5000人がソウルの日本大使館前で抗議集会を行うなど、日韓関係は"過去最悪"といわれる状態が続いている。


 そんな中、文在寅大統領は5日、「日本政府はこれまでの悲しい過去を乗り越え、互恵協力的に韓日関係を発展させてきた両国民に大きな傷を与えている。"過去を覚えていない国、日本"という批判も日本政府が自ら作っている。日本は“経済力だけで世界の指導的位置に立つことができない”ということに気づくべきだ」と日本を痛烈に批判。


 その上で、打開策として「南北間の経済協力で平和経済が実現すれば、韓国は一気に日本の優位に追いつくことができる。平和経済は南北関係と米朝関係にずれがあるからといって、簡単に悲観したり諦めたりすることではない。朝鮮半島の平和秩序を主導的に開拓し、国際舞台での共存共栄と互恵協力の精神を誠実に実践していく」と、"北朝鮮との経済協力"に言及した。


 また、文大統領は「日本の貿易報復に対し、政府と企業と国民が一丸となって対応してくれたことに感謝する」と、反日デモや不買運動を容認し、煽っているとも受け取れる発言もしている。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア