26歳にして40人以上の”父親”に…女性の悩みを救いたいと、結婚後も精子提供ボランティアを続ける男性(19/09/05)

 自身のセクシャリティ、年齢的な事情など、様々な理由から「選択的シングルマザー」を選ぶ女性が増えているという。しかし子どもは女性1人だけでできるものではない。日本の病院の場合、精子提供による妊娠が可能なのは配偶者の同意があり、かつ妊娠できる方法がそれしかない場合のみ。つまり、結婚している必要がある。そのため、海外の精子バンクを利用し、妊娠・出産した選択的シングルマザーもいる。

 そんな中、ボランティアで精子提供を行っています」「筋肉質、二重、学力運動◎」「無償で精子提供いたします」として、SNSを通じた精子提供のボランティアを行う男性たちがいる。その一人が、匿名を条件にAbemaTV『AbemaPrime』の取材に応じた。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア