京アニ放火事件の青葉真二容疑者が快方へ、元刑事「まだ逮捕はできないし、取り調べもできてはいないと思う」(19/09/06)

 7月8日の発生から50日が経った京都アニメーションの放火事件。重い火傷で入院中だった青葉真二容疑者がほぼ命に別状がない状態となり、快方へ向かっていることが明らかになった。現在は問いかけを理解し、首を振って応じているというが、集中治療室で気管挿管しており、自力で起き上がれる状態ではないという。


 元埼玉県警捜査一課の佐々木成三氏は「警察としてはもちろん逮捕を考えているだろうが、そうなると留置場に留置をしなければならず、48時間以内には検察庁に送致しなければならない。それに耐えられる体力なのかどうか、ちゃんと医師の判断が出てからでなければ逮捕できないし、取り調べもできてはいないと思う」との見方を示す。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア