北朝鮮側は日本に挑む映像を撮りたかった?退去警告は年間5000件超、“丸腰”の水産庁では危険との声も(19/10/07)

 能登半島沖合の約350kmの日本の排他的経済水域(EEZ)内できのう午前、水産庁の漁業取締船「おおくに」と北朝鮮漁船が衝突した。現場は「大和堆」と呼ばれる好漁場で、一部が韓国との係争地域であるほか、北朝鮮も自国の領海だと主張。北朝鮮や中国の漁船による違法操業が相次ぎ、警戒に当たっている水産庁や海上保安庁の船が放水などで対応にあたってきたが、2016年には3681件だった外国漁船退去警告数が昨年には5315件にまで増加している。


 7日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、海洋の安全保障問題に詳しい東海大学海洋学部の山田吉彦教授に話を聞いた。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア