「白い粉・注射器などのイメージカットは用いるな」…薬物依存の当事者を苦しませない事件報道の形とは?(19/11/06)

 「“白い粉”“注射器”などのイメージカットは用いるな」ー。著名人による薬物事案が数多く報じられる昨今。3年前に結成された「依存症問題の正しい報道を求めるネットワーク」では、マスメディアが報道する上での留意点をまとめた「薬物報道ガイドライン」を提示している。


 同団体の発起人で、自身も重度のギャンブル依存症だった田中紀子氏は「2016年に有名人の逮捕が続く中、高知東生さんが“捕まえてくれてありがとう。これでやめられると思った”という発言は、私たちにとっては理解できる話。それがメディアでものすごくバッシングされた。そこで依存症の支援者などが連携、団結、さらに薬物報道のあり方についてのガイドラインを作っていこうと、評論家の荻上チキさんが呼びかけてくれたことでできた。確かに薬物に手を出してしまったことは良くないが、“犯罪者”ということがあまりに強調されすぎている。犯罪と回復というのは難しいバランスではあるが、むしろ逮捕をきっかけとして回復の道につながるような報道をしてほしい」と話す。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア