「“懲役上等”で生きてきた男でございますから屁でもありませんが、厚労省が腰砕けになったのはとても残念」イベント降板問題に村西とおる監督(19/11/28)

 来月1日の「世界エイズデー」を前に、厚生労働省が28日、『RED RIBBON LIVE 2019』を開催。蒼井そら、押尾コータロー、小林麻耶、しみけん、TERU、ふなっしー、丸山桂里奈ら各界の著名人が登壇、ラライブやトークを通じてHIVの正しい知識や検査の重要性、差別や偏見をなくそうと呼びかけた。しかし、そこに登壇予定だったAV監督の村西とおる氏の姿はなかった。2日前、ゲスト一覧の中から、村西監督の名前が消えていたのだ。


 番組が厚生労働省エイズ対策推進室に取材したところ、当初「AV業界で活躍され、知名度と発信力があり幅広い層への効果が期待できると考えた」として登壇を依頼していたが、「様々な意見がツイッター上で多数あり、出演すると当初の目的と違うイベントになりかねないと判断し、村西さんと相談して決めた」との回答があった。電話による問い合わせは数件だったというが、同省の公式Twitterアカウントには「女性差別の発言があり、性病の面でも不適切」「話題性だけで注目を集めようとしている」といったリプライが寄せられていた。


 同日夜のAbemaTV『AbemaPrime』に生出演した村西監督は「26日に厚労省から3人ほどの職員が来て丁寧に事情を述べられ、“今回は一つご遠慮いただきたい”ということでございました。私の方から"出演したい"とお願いしたお話でもございませんので、そういうことでございましたら構いませんよと、快くご辞退申し上げた次第でございます。私としてはこういう仕事をしていますけれど、世のため人のためになることであれば、地球の裏側まで行ってでも、どんなことでもやろうという気持ちがあったので、今回、こういうことでの突然のキャンセルで、とても残念でした」と話す。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア