「恥ずかしいデータは分けて保存を」死後の“デジタル遺品トラブル”の備え、あなたのスマホは大丈夫?(19/11/28)

続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

 SNSのアカウントや写真・動画データ、仮想通貨など、目に見えない遺品“デジタル遺品”に関するトラブルが社会問題となっている。特に、親や子どもを突然失った家族にとっては、スマホなどのパスワードを解除する必要に迫られ、困り果ててしまうこともある。


 2年前にデータ復旧・救出などデジタル遺品への対応を事業化したデジタルデータソリューション社には、そうした相談が日に1件以上は寄せられているという。料金は20~30万円と決して安くはないが、それでも依頼数は年々増加している。「20~40代前半、比較的若い方々の持ち物が多く、事故に遭ってしまって突然お亡くなりになられたといった予期せぬ事態に見舞われたご家族の方がお持ちになる」(フォレンジック事業部長の天野昇太氏)。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア