義足の方が便利になる時代がやってくる!?「乙武義足プロジェクト」が見据える“人間拡張技術”の未来とは(19/11/29)

 作家の乙武洋匡氏といえば、そのイメージは累計590万部のベストセラー『五体不満足』の著者、そして何より「障害者」なのではないだろうか。


 しかし新著『四肢奮迅』で綴られているのは、自身の障害をテクノロジーで超越しようと2017年から取り組んでいるプロジェクトについてだ。この「乙武義足プロジェクト」は、ロボット義足を装着し街を普通に歩けるようにすることを目標としており、昨年11月に“仁王立ち”する姿は大きな話題をよんだ。また、理学療法士に支えられながら立ち上がり、少しずつ歩き始める映像も公開されている。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア