プライベートジェットの保安検査を義務化「レアケースのために手間暇かけるのは日本の悪しき完璧主義」次なる逃亡を防ぐには?(20/01/07)

 ゴーン被告の逃亡先であるレバノンまでの足取り、そして多くの協力者がいたことが明らかになってきた。


 住居を出た後、近くのホテルで逃走を手助けしたとされる外国人の男2人と合流、タクシーで品川駅まで移動し、新幹線で新大阪駅に向かったという。そして3人は関西空港近くのホテルに入ったが、1時間半後に出てきたのは大きな黒い箱を運ぶ男2人だけ。つまり、ゴーン被告はこの箱の中に入っていた可能性があるというのだ。トルコ紙「アクシャム」は、関西空港のプライベートジェット専用ゲートにあるX線検査の機械には箱が入らないため手持ちの探知機で検査を受けたが、気づかれることはなかったと報じている。そして米ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、逃亡劇には10~15人が関わり、少なくとも10カ所の空港を下見した上で、関西空港の脆弱性を確認したと報じた。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア