イランのミサイル攻撃は“死傷者ゼロ”狙い? 事態収束の鍵はシーア派民兵の動きか(20/01/08)

 日本時間の8日朝、アメリカ軍が駐留するイラクのアサド空軍基地に十数発のミサイルが着弾した。イラン国営放送によると、「殉教者ソレイマニ作戦」と名付けられたこの攻撃はアメリカによるイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害の報復作戦だといい、「少なくとも80人のアメリカのテロリストが死亡した」と報じた。


 さらにイランの最高指導者・ハメネイ師は「アメリカへの攻撃は、十分なものとは言えないだろう。大事なのは、この地域からアメリカが消えることだ」、アシェナ大統領顧問も「アメリカの反撃があれば、中東地域で全面戦争になる」と警告した。一方、ザリフ外相「我々は事態のエスカレートや戦争を求めてない。ただ、侵略から自分たちを守るつもりだ」と投稿している。


 また、トランプ大統領は今回の攻撃による米側の死傷者はいないとした上で、軍事行動による対抗策は取らず、経済制裁を強化することで問題に対処する考えを示している。


AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア