感染のスピードを遅らせて致死率を下げる狙いも懸念の声…イギリスが目指した「集団免疫」戦略の難しさ (20/03/17)

 新型コロナウイルスの感染が拡大、世界各国が人々の接触を減らす“封じ込め”策を講じる中、大きく方針を変えたイギリス。ボリス・ジョンソン首相は13日、「現在進めている明確な計画がある」とし、封じ込め策を諦め、“集団免疫”策に切り替える方針を示した。これは、免疫のある人たちに囲まれていれば感染リスクから守られるという発想で、ジョンソン首相は「病気のピークをより長期にわたって引き延ばし、私たちの社会がうまく対処できるようにする」と説明している。


 この集団免疫については国民の6割が感染すれば収束できるという試算があり、イギリスの人口約6600万人に当てはめると約4000万人が感染。仮に致死率が0.5%だとすれば、少なくとも約20万人が死亡することになる。このことから、今回の方針を批判する声も多く、イギリス政府は方針転換を迫られているようだ。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア