“潜った形”の検査も定着する中、「新型出生前診断」の指針改定へ… 「産まない」を選んだ女性に聞く苦悩、必要な妊婦支援とは(20/07/17)

 お腹の赤ちゃんに胎児の染色体異常を調べるため、2013年に導入された新型の「出生前診断」(NIPT)。対象者は35歳以上で、保険の適用外だが、母体の血液採取のみの検査で陽性的中率は9割を超える(ダウン症の場合)。しかしダウン症の陽性と診断された人のおよそ9割が人工妊娠中絶を選択しているという統計(NIPTコンソーシアム調べ)もある。


続きをABEMAビデオで 視聴する

ABEMA TIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア