「宗教の世界と政治の世界は違う」「課題があれば毎日でも安倍さんと電話する」公明党・山口代表に疑問をぶつけてみた(20/07/22)

 「国民の皆さんの不安に応え、見通しを与え、そして分かりやすい対応に変えていく。そうした推進力として公明党が力を発揮しなければならない」。


 22日、党本部でそう語った公明党の山口那津男代表(68)。東京大学法学部を卒業後、弁護士として活動した後、1990年に衆院選に初当選。そして2001年には参院選に初当選し、現在4期目だ。2009年には公明党代表に就任、2012年に第二次安倍政権が発足して以来、連立与党の代表として政権を支え続けてきた。


 『ABEMA Prime』では、時に“なっちゃん”とも呼ばれ、安倍総理にも直談判する山口代表に話を聞いた。

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア