新たなプラットフォームの覇権をめぐる争い? アップルvsフォートナイトの持つ意味とは(20/09/29)

 人気ゲーム『フォートナイト』を運営する米フォートナイト社と米アップル社のバトルが、法廷闘争にまで発展している。


 事の発端は、アプリの販売プラットフォームであるアップルやグーグルが開発者に課している30%の手数料を回避するため、『フォートナイト』が新たな課金システムを導入したことだった。すると、アップルはこれを規約違反だとして自社の「AppStore」から『フォートナイト』を削除。この措置に反発したエピックゲームズは、日本でいう「独占禁止法」に違反するとしてアップルを提訴した。


 しかし米連邦地裁は先月24日に開かれた1度目の審理で「削除されたフォートナイトを直ちに販売再開するのは難しい」、今月28日の2度目の審理でも「英雄視する人もいるようだが、契約に違反することは不正であることに変わりはない」と、エピック側の主張に否定的な見解を示している。本格的な審理は、来年7月以降に陪審員裁判で争われる見通しだ。


 一方、エピックゲームズを中心とする“反アップル連合”も形成されつつある。同社や『Tinder』を運営するマッチグループなど13社は24日、「Coalition for App Fairness(=アプリ公正性のための連合)」を結成している。


続きをABEMAビデオで 視聴する

ABEMA TIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア