マスメディアの紹介で相談急増…ボランティアと寄付で成り立つ「いのちの電話」の実情は…オンラインとの役割分担も必要な時代に (20/10/07)

 自ら命を絶ったとみられる著名人をめぐる報道について、政府がWHOのガイドラインの遵守を繰り返し呼びかけている。その結果、メディアが相談窓口の電話番号などを掲載するようになっているが、「1人あたり30分~40分以上電話しているため電話がつながらないという声が尽きない」(関係者)といった声も上がっている。


 特に紹介される機会が多く、全国に拠点を持つ「いのちの電話」の場合、相談員はボランティア、運営費も寄付や助成金に頼らざるを得ないため、慢性的な人手不足に悩んでいるが、規模を拡大する余裕はない。


続きをABEMAビデオで 視聴する

ABEMA TIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア