ビーチバレー坂口佳穂選手「諦めもあったのでびっくりした」 アスリートの“性的画像”拡散問題で対策へ(20/10/15)

 性的な視線をもった写真や文章がネットで拡散されていることついて、複数の現役女性アスリートが日本陸連に訴え出た問題。ネット上には露骨とも思えるアングルで撮影された画像を集めたサイトが数多く存在、競技に取り組む女性アスリートたちを不安に陥れてきた。


 今月に入り、この問題が動き出した。橋本聖子五輪担当大臣は「心を傷つけられた選手もいると思うし、今後もSNS等での画像流出を不安に思う選手も出てるのではないか。競技以外で不安に思うことは避けなければいけない」と指摘。JOC(日本オリンピック協会)の山下泰裕会長も、対策に乗り出す方針を明らかにした。


 15日の『ABEMA Prime』に出演したビーチバレーの坂口佳穂選手は「競技を始めた頃、家族などから“こういう写真があったよ”と教えられることもあった。“自分の娘をこんな風に見て欲しいわけではないだろうな”と、申し訳なく思ったこともあった」と振り返る。


続きをABEMAビデオで 視聴する

ABEMA TIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア