「基本的人権を侵害しており、耐え難い苦痛だ」元号制定の違憲訴訟を起こした山根二郎弁護士を生直撃(19/04/01)

 平成に代わる新しい元号が「令和」に決定した。決定を受けた記者会見で安倍総理は「元号は皇室の長い伝統と、国家の安泰と国民の幸福への深い願いとともに1400年近くにわたる我が国の歴史を紡いできました。日本人の心情に溶け込み、日本国民の精神的な一体感を支えるものとなっています。この新しい元号も広く日本国民に受け入れられ、日本人の生活の中く深く根ざしていくことを願っています」とコメントした。


 その一方、元号は不要だとする意見や、さらに存在そのものが「人間の尊厳にかかわる」として疑問を投げかける人たちもいる。そのひとつが、3月27日、「改元がアイデンティティを切断することを訴えたい。時間と自己の連続性が、日本では改元の度に切断される」として、東京地裁に元号制定の差し止め訴訟を起こしたのが、長野県の山根二郎弁護士らのグループだ。


 1日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、山根弁護士とジャーナリストの有本香氏をスタジオに招き、元号の存在意義について議論した。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア