「つまんないと言いづらい」”障害者とお笑い”を乙武洋匡と議論 パンサー向井慧「面白い・面白くないの判断はフラット」(19/04/05)

 「私がスポーツを観ていて"手に汗握りますね〜!握る手無いですけど!"と言った時、みなさんは笑うことはできますか?」

 そんな疑問を投げかけるのが、作家の乙武洋匡氏だ。あるバラエティ番組に出演した際、収録では大物芸能人から叩かれながらいじられることについて「おいしい」と感じたというが、オンエアでは全てカットされていたと話す。「自主規制というか、コンプライアンスというか、そういったものがここ数年で変わってきてしまっているのかなと感じた。こっちは商売あがったりだ(笑)」。

 障害のある人が障害をネタにすると"笑えない"と言われる、その壁を超えたいと考えてきた乙武氏だが、そこには"障害者を笑っていいのか"という、視聴者の複雑な思いも立ちふさがる。

 5日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、そんな"障害者と笑い"の問題について議論した。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア