”9割が中絶を選択” 出生前診断を受け、「命の選択」を迫られた夫婦の苦悩(19/04/15)

 染色体の異常により600~800人に1人いるとされる、ダウン症候群。知的障害を抱えることが多く、身体的にゆっくりと育っていくのが特徴だ。


 去年3月に生まれたダウン症の勘介くん(1)を育てるメイミさん(38)は、今でこそ笑顔で成長を見守っているが、出産前には悩み、苦しみ、何度も夫と話し合いを続けた。理由は、妊婦が出産する前にお腹の中の赤ちゃんに異常がないかを調べる検査、「出生前診断」だ。


 かつて、染色体異常を100%の確率で知るには「絨毛検査」や「羊水検査」という方法が用いられたが、1%未満の確率で胎児が亡くなる危険性も孕んでいた。そんな中、2013年に採血するだけで胎児の死亡リスクがない簡易な「新型出生前診断」が登場。出生前診断を受ける人は、この10年間で2倍以上まで増加、2013年4月〜2018年9月の間に「新型出生前診断」を受けた人は約6万5000人に上る。


 ただし、親は医療の進歩によって"安心"を手に入れられるようになったのと同時に、"命の選別"という決断を迫られることにもなる。実は出生前診断によって胎児の染色体異常が確定した886人のうち中絶を選択したのが819人と、実に9割以上が中絶を選択しているのだ。


 「産まないという選択をすることは、今後の自分の人生にとってすごく精神的ダメージになるし、次は考えないかなと思った。"この子はよくて、この子は産まない"。そういう考えができなかった」。エイミさんは、お腹の中の勘介くんがダウン症であることがわかってからの苦悩をそう語った。


 出生前診断をめぐっては「新型の検査は中絶を促進する検査だ」「検査を否定することは個人の権利を無視すること」「安易な検査や中絶が増えないか?」というような批判的な意見も少なくない。15日放送のAbemaTV『AbemaPrime』は、それぞれの決断を下した夫婦の話を聞いた。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア