脳損傷患者に希望の光?サンバイオ森敬太社長が語る「SB623」の期待と課題(19/04/17)

「脳を再生することは不可能だと言われてきたが、その常識を覆すデータが出た。今は残念ながら薬も治療法も全くない外傷性脳損傷の患者さんはとって非常に光になっていると思う」(森敬太社長)。


 日本のバイオベンチャー「サンバイオ」がアメリカで開かれている世界最大規模の脳神経外科の学会で発表した「SB623」。人間の骨髄由来の幹細胞を培養して作られたもので、脳の損傷部分に作用、機能の再生を促すとされている。サンバイオによると、事故などの後遺症よって言葉がうまく出ない、手足が動かないなど、身体の機能が失われた60人の臨床試験を実施したところ、約4割の患者に大幅な改善が見られたというのだ。


 現状ではあくまでも開発段階だが、厚生労働省が「有効性が見込める革新的な医薬品」として優先的に審査する予定となっており、認可が出れば来年にも世界に先駆けて日本で発売される可能性があるという。治験に参加したデビット・オコンコ医師も「我々が慢性的な障害によって苦しんでいる人を助けるために脳神経を再生させる治療を実現できればこれは世界を変えることになる」と期待を寄せている。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア