”最大4割値下げ”ドコモの新プランに菅官房長官は冷淡!?端末料金上昇の中、中古市場に注目(19/04/19)

 海外に比べ料金が高く、内訳が複雑で分かりにくいといった国民の声に応えて発足した総務省の有識者会議「モバイル市場の競争環境に関する研究会」。19日にまとめた中間報告では、端末代と通信料金の分離、"2年縛り"契約などの是正、料金形態の明確化といった提案が盛り込まれた。


 同日放送のAbemaTV『AbemaPrime』に出演したITジャーナリストの三上洋氏は「これまでは端末を安く、代わりに通信料をたくさん取る、という"セット販売"のような仕組みでやってきた。しかしこれでは大手ばかり有利になってしまうので、総務省が"端末は定価で売って、料金はその分下げなさい"と旗を振ってきた。また、オプションの"抱き合わせ販売"も問題視されているが、販売店が売上を作るためにオプションを抱き合わせで売ることでお金をもらう仕組みになっている、その構造にも原因がある。さらに"2年縛り"が良くないという指摘も出ているが、結論はまだ出ていない」と話す。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア