セパレート、長袖、大人も着られるデザインに…昭和から平成へ、スクール水着の進化をたどる(19/04/19)

 水泳用品メーカーの「フットマーク株式会社」が、日本独特のものである「スクール水着」が昭和から平成にかけてどのように変遷していったのかを振り返る「スク水博覧会」を開催している。


 まずは素材の変化について、フットマーク株式会社・広報室の吉河祐子氏によると、「天然ゴム素材で伸びがあまりなかった時代を経てポリウレタンが加わり、さらに撥水性が進化していった。これにより、濡れていても脱ぎやすくなり、保温性が実現した。また、昔はタオルなどにくるんでいたが、振ると水が落ちて最初の軽さが戻るので、軽いまま持ち帰れるようになった」と話す。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア