山口真帆のNGT48卒業発表に箕輪厚介氏「AKBグループの革新的だった部分、面白かった部分が…」(19/04/22)

 21日、一連の騒動によりチームの解散が発表されていたNGT48チームGの最終公演が行われ、ファンの男性から暴行を受けた山口真帆さんが101日ぶりに公の場に姿を見せた。


 冒頭、「この度はご心配をおかけして申し訳ありません。今日の千秋楽を思いっきりみんなと楽しんで忘れられない公演にしたいと思います」とファンへの謝罪の言葉を口にしながらも、以前と変わらぬ笑顔でパフォーマンスを披露した。しかし公演の終盤、「ちょっと待ってください」と話しはじめ、震える声で「私、山口真帆はNGT48を卒業します」と宣言。「私はアイドル、そしてこのグループが大好きでした。だからこそ、このグループに変わってほしかったし、自分がつらかったからこそ、大切な仲間たちに同じ思いをしてほしくないと、すべてを捨てる覚悟で取った行動でした」と続けた。


 さらに時折涙を見せながら、「事件のことを発信した際、社長には「不起訴になったことで事件じゃないということだ」と言われ、そして今は会社を攻撃する加害者だとまで言われていますが、ただメンバーを守りたい、真面目に活動したい、健全なアイドル活動ができる場所であってほしかっただけで、何をしても不問なこのグループに、もうここには私がアイドルをできる居場所はなくなってしまいました」とも明かし、「NGT48になってよかったと思います。メンバーのみんなにも、ファンの皆さんにも、これからの人生を真っ直ぐに生きて、みんなには笑顔で笑っていてほしいなと思います」と挨拶を締めくくった。


AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア