深刻化する”自衛官のなり手不足” キーワードはいじめ・パワハラ対策、やりがいの提供?(19/04/23)

 自衛隊の人員不足の問題が表面化している。状況を改善すべく、防衛省では最前線で活躍する若者たちを紹介するだけでなく、アニメを用いたポスターやCM、芸人が様々な任務に挑戦する動画など、あの手この手でリクルートに力を入れているが、定員の24万7000人に対して、22万6000人と定員割れの状態。中でも有事の際には最前線で働くことになる"士"とよばれる若者たちは必要な人数の7割しかいないという。


 女優やモデル、声優を起用し、自衛隊の最新情報や魅力を発信する人気雑誌『MAMOR(マモル)』(扶桑社)の高久裕編集長は「"日本は平和で良いね"と言うが、それが自衛隊の人々の働きの上に成り立っているということを多くの人に理解してほしいなと思う」と話す。


 23日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、元陸上自衛官で防衛庁長官・防衛大臣を歴任した中谷元衆議院議員、軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏とともに、自衛隊の現状を議論した。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア