“大学ランキング“で首位陥落…これからの東大が解決すべき課題は?現役生に聞いてみた(19/04/24)

 上野千鶴子名誉教授による祝辞が大きな反響を呼んだ、東京大学の入学式。


 会場となった日本武道館で"平成最後の新入生"たちに話を聞いてみると、「ロボットとか作りたい」「宇宙飛行士」「法学部に進学して政治学を学んで、偏見のない報道に関われたらいいな」「外務省を目指している。」「硬式野球部に入ろうと思っている。文武両道頑張っていきたい」と、新時代の東大に期待が膨らんでいるようだった。


 一方、イギリスの教育専門誌「ザ・タイムズ・ハイアー・エデュケーション」などが発表した「THE世界大学ランキング日本版2019」では、これまで1位常連だった東大が初めて2位に転落。主な原因は、外国人学生の比率などから算出される「国際性」のポイントで、京都大学に差をつけられたことだった。これについては新入生たちも実感しているようで、「クラスに留学生が何人かいるのかなって思っていたけれど、自分のクラスは1人もいない」といった声が聞かれた。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア