”キャロル夫人と接触禁止”のゴーン被告、状況次第では会える可能性も?(19/04/25)

 日産の機密費をオマーンの会社に不正に支出し、自身が実質的に保有する会社に送金させた罪で追起訴されたカルロス・ゴーン被告。きのう、東京地裁が保釈の決定を不服とする東京地検の準抗告を退け、ゴーン被告側は保釈保証金5億円を納付し、3週間ぶりに姿を現した。


 今回の保釈について、元東京地検検事で弁護士の郷原信郎氏は「前回の保釈も様々な条件がついたと言われているが、今回も若干意外な保釈条件が付けられている」と話す。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア