「男性上司に言えない、女性同士でも話しづらい…」今もタブー視される生理、理解促進には男女の”歩み寄り”が必要?(19/05/17)

 「めんどくさい、めっちゃイライラしちゃう」「地獄」「しんどいっす。おなか痛いし」「機嫌悪くても察してほしい」。女性にとって、心身ともに辛い生理。また、隠さなければならない、恥ずかしいものという意識もあるようだ。


 一方、「発言に結構気を遣うことはある」「分かんないけど、とりあえずそっとしておこうみたいな」「口に出すのはあんまよくないかなって。聞いてほしくないかなって」「言ってくれたほうが助かる」と、経験することのできない男性たちは戸惑うことも多いようだ。


 しかし、生理痛を擬人化、その辛さをリアルに表現した漫画『生理ちゃん』が二階堂ふみ主演で映画化決定するなど、オープンに話すことのできる対象へと変わりつつある。17日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、そんな生理について議論した。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア