トランプ大統領への歓待は”過剰おもてなし”? 三浦瑠麗氏と夏野剛氏が批判に違和感(19/05/27)

 日本側による「おもてなし外交」と揶揄する向きもあるトランプ大統領の来日。27日放送のAbemaTVに出演した国際政治学者の三浦瑠麗氏は「おもてなしをする度に批判を浴びるが、アメリカと良い関係を築くため、どの政権もやってきた。先進国で日本ほどアメリカに依存している国はないし、嫋々とした雰囲気で米国を受け止めるのが敗戦国になって以来の伝統になっている。このおもてなしへの違和感には、"あいつら得点稼ぎしてやがる"という、野党的な発想と、敗戦国としての傷がありと思う。それは"これだけの経済大国なのに、米国に対してこんなに屈従しなきゃいけないのか"というナショナリズムだ。結局のところ、この構造から抜け出したいのなら、安倍総理を批判するのではなく、同盟は守るけども依存度は減らし、より自主的な防衛をするか、それとも小国になるかしかない。たとえばノルウェー、スウェーデン、ニュージーランドのようになれば、どんなに依存しても、どんなにおもてなし外交しても、プライドは全く傷つかない」と指摘する。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア