ふかわりょう「”見ない”という選択肢しかないのでは」相次ぐマスゴミ批判、事件・事故の報道で必要な取材とは?(19/05/30)

 川崎市で起きた殺傷事件へのマスコミ報道をめぐって、またしても「被害者の気持ちを考えて!」「本当に報道しなきゃいけない内容か考えてほしい」といった批判的な意見が上がっている。


 今月8日には、滋賀県大津市で起きた事故の当日に行われた保育園側の会見に非難が殺到、遺族が文書で報道に配慮を求めたことも記憶に新しい。しかし今回の事件でも、直後から現場周辺や容疑者の自宅周辺に多くの取材陣が殺到。ネット上には「娘が亡くなったばかりの遺族取材必要ある?」「また泣き顔撮るまで校長質問攻め」「被害者児童のプライバシー暴露いる?」「ひどい現場映像流す必要ある?」「音声を自分たちの都合で消したり…やはりマスゴミ」「毎回、加害者の卒業アルバムって、誰が見るの?」といったものがあがっている。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア