中国勢の台頭で、もはや立場が”入れ替わってる!?” 日本アニメの未来は暗いのか?(19/05/31)

 今、"クールジャパン"を代表する日本のアニメ産業が激動の時代に突入している。


 制作会社が是正勧告を受けるなど、現場を支える人々の労働環境が問題になる一方、これまで作画などを発注してきた中国が急激に台頭。2015年に中国で制作された3Dアニメ映画『西遊記』が60か国以上で公開され、興行収入は200億円を超える大ヒットを記録するなど、日本の"下請け"に留まらない実力をつけている。


 中国のアニメ制作会社「絵梦(えもん)」が東京に作った制作スタジオでは、日本人クリエイターたちが中国国内で放映する作品に携わっている。クリエイターの一人は「日本の作品と笑いどころは違うなぁとか、お国柄を感じる時はあるけれど、"こんなのどうですか?"という提案をほぼ採用してくれる。自分の好きなものを作り出せる」と話す。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア