安倍外交はアメリカとイランを仲介できる?求められる日本の役割とは(19/06/12)

 「中東地域では緊張の高まりが懸念されている。国際社会の注目が集まる中において、この地域の平和と安定に向けて日本としてできる限りの役割を果たしていきたいと考えている」。そう述べてイランに出発した安倍総理。 日本の現職総理がイランを訪れるのは1978年の福田赳夫総理(当時)以来、41年ぶりとなる。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア