なぜ学校現場と教育委員会はいじめを放置する?元教員と”いじめ探偵”が指摘する隠蔽のメカニズム(19/06/13)

 「けられた。なぐられた。おされた」。大阪府吹田市の小学校で1年半にわたっていじめを受け続けた児童のSOSは担任の教師に放置され、教育委員会にも届かなかった。


 市教委によると、現在小学校5年生の女子児童は1年生から3年生の間、5人の同級生から蹴られる、傘で叩かれる、トイレに閉じ込められるなどのいじめを受けた。女子児童は左足を骨折、さらにストレスによる視力障害を負ったという。きのう会見を開いた原田勝教育長は「被害に遭われましたお子様、ご家族に多大なご負担をおかけしたことを、教育委員会を代表して、心よりお詫び申し上げる」と謝罪。中井建志参事は「(担任教師に)いじめに対する認識が甘かったというふうに認識している」「本来であれば学校として保管しなければならないところではあったが、学校の体制としていじめのアンケートに関して保管するという規定がなかったために破棄していた」と説明した。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア