「安倍総理の”秘密のスイッチ”が入れば解散もありうる」永田町の”黒シャツ”こと石橋文登・前産経新聞政治部長に聞く(19/06/18)

 「新聞記者を29年やっているうち、13年は大阪で事件記者をやっていたんですよ。当時は住専問題などばっかりで、付き合っていたのが"闇の紳士"ばか。そうすると服装が似てきてしまう(笑)」。


 産経新聞の前政治部長で、永田町では"黒シャツ"とも呼ばれる政治ジャーナリストの石橋文登氏。


 「政治家は全員に一つだけ共通点がある。それはキャラが濃いということ。そうでなければ有権者10万人に名前を書いてもらえないから。右もいれば左もいるし、バカもいるし賢い奴もいる。セコい奴もいれば大らかな奴もいるが、とにかく全員、キャラが濃い。そしてキャラが濃い奴にはキャラが薄い奴は見えない。水木しげるのマンガの背景にいるメガネのおっさんみたいに、全く気付かれない。だから黒いシャツを着ているだけで"なんだこいつ"と思わて得だ(笑)」。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア