LINEで「帰省する」と連絡も、突如失踪…安否確認の代わりに銀行振込を続ける両親(19/07/02)

 毎月引き出される預金こそ失踪した息子が生きている証だと信じ、行方を探し続ける家族がいる。


 現在26歳になる石垣浩史さんは、2017年8月13日、「お盆休みが取れたから帰省する」と静岡の両親にLINEで連絡を入れたあと、1人暮らしをしていた埼玉県越谷市の自宅アパートから失踪した。17日になり、無断欠勤しているとの連絡を受けた父・安敏さんが様子を見にアパートに向かったが、そこに浩史さんの姿はなかった。その足で警察に捜索願を出したが、警察は事件性がないと判断。積極的な捜査には至らなかった。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア