文在寅政権こそが日韓産業界の”共通の敵”? 半導体材料輸出規制の背景を読み解く(19/07/12)

 韓国に対する半導体材料の輸出規制開始後、初めての日韓事務レベル協議が行われ、規制の撤回を求める韓国側の代表と経産省との間での議論は5時間以上に及んだ。


 日本側が問題視しているのは、韓国の輸出管理体制だ。世耕経済産業大臣が「(日本を含めた各国は)軍用品への転用が可能な機微技術などの輸出について実効性ある管理を行うことが求められている」と指摘したように、軍事転用可能な戦略物資がロシアなど第三国に不正輸出されたことが発覚しており、その数は150件以上に上っているとみられる。中には日本が輸出を規制しているフッ化水素が密輸された事案もあったといい、一部の物資が北朝鮮に渡った可能性を報じる韓国メディアもある。5日には小野寺前防衛相がテレビ番組で「工業製品に使うのは7割くらいで、残りを何に使うのか韓国は返答しなかった」と指摘している。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア