「アンパンチ」が暴力的!? 漫画の“表現自粛”懸念も… 江川達也氏「滅菌した世界ほど世の中は甘くない」(19/08/12)

 12日、Twitterでトレンド入りした「#アンパンチに代わる非暴力的な解決策」というワード。きっかけとなったのは、11日に投稿された「『アンパンチ』で暴力的に?心配する親も…メディアの暴力シーンは乳幼児にどう影響?」という記事だ。


 「アンパンチ」とは、『それいけ!アンパンマン』(日本テレビ系)の主人公・アンパンマンが繰り出す攻撃のこと。悪さをするばいきんまんを「アンパンチ」でやっつけるのが恒例だが、記事によると「この場面を見た乳幼児が『暴力的になる』と心配する親の声がネット上で見られる」という。


 そもそも、なぜいま「アンパンチ」が槍玉に上がったのか。トレンド入りしたことで、昨今話題の“表現の自由”への規制につながるきっかけにならないのだろうか。12日放送のAbemaTV『AbemaPrime』は、記事を配信した「大人んサー」編集長の星大樹氏と漫画家の江川達也氏らとともに議論した。



続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア