厚労省若手チームの提言に舛添元厚生相「政治主導のスクラップ&ビルドと国会改革を」夏野剛氏「10年までしか勤められないようにすべき」(19/08/26)

 「毎日いつ辞めようかと考えている」「毎日終電を超えていた日は、毎日死にたいと思った」「家族を犠牲にすれば、仕事はできる」「入省して、生きながら人生の墓場に入ったとずっと思っている」。


 職員やOBから寄せられたそんな声を集め、圧倒的な人員不足にもかかわらず増え続ける業務、そして前時代的で非効率な労働環境など、省内の"ここが変"というポイントを列挙。それらを改善することでミスや不祥事を減らし、国民の期待に応えることができる「緊急提言」として根本大臣に手渡した厚生労働省若手改革チーム。


 会見でメンバーの久米隼人課長補佐は「圧倒的な人員不足という状況となっており、これによってミスや不祥事が起こる。それにより、またさらに業務量が上乗せされる」と指摘。「厚生労働省は働き方改革を進めていかなければならないという一番手の役所であるべきだ。働き方改革の旗振り役として、しっかり働き方改革をしていく」と訴えた。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア