復旧にはやはり人の手が必要…千葉県の停電対応が遅れてしまう理由(19/09/10)

 県内観測史上1位の最大瞬間風速を記録、秒速40mの風速に10分間耐えられる設計の鉄塔2基が倒壊するなど、台風15号の通過から2日が経過した今も停電や断水に苦しむ千葉県。県民からは「高圧鉄塔が2塔倒壊、近隣の山奥では大木が横転し、地元民が人力でどかすのが結構大変」(君津市長石地区の住人)、「明日の給水について防災無線なし、給水があるかもわからない状況」(東金市)、「君津市と鴨川市の境に身内がいる。地上波でほとんど取り上げられず歯がゆい思いをしていた。今も停電、断水、固定電話も不通」といった様々な被害の状況の声があがっている。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア