新型iPhoneがついに発売、三上洋氏「価格が高い感じる方は8とXRを選ぶのも良い選択だ」(19/09/19)

 ついに発売日を迎えたiPhone 11。ITジャーナリストの三上洋氏が早速レビューする。


 やはり注目されるのが、カメラ機能の進化だ。「今回の目玉は超広角だ。iPhone11は広角、超広角の2つのレンズ、iPhone 11 ProMaxには広角、超広角、望遠の3つのレンズが付いている。iPhone 11 ProMaxにカメラが3つ付いている意味は、画面を見ると分かる。まず光学ズームで2倍という望遠レンズが、そして0.5という広角レンズだ。0.5、1、2という固定の光学レンズの画像を処理することによって、デジタルでズームしているように見せている。面白い加工の技術としては、逆トリミングができることだ。iPhone 11では標準で撮影した際に広角でも撮影し1か月データを保持しているので、画が見切れている時に後からその部分を写すということが可能だ。広角ではやはり端は少し歪むが、すごく自然な感じに見えるので、0.5倍でも撮りやすい。また、インカメラの性能が1200万画素と画質が向上した。カメラのF値にあたるものをいじり、絞りを開放までもっていくと背景をぼかすこともできるし、照明の強さも変えられる」。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア