北朝鮮のSLBM発射はトランプ大統領の反応を引き出し、日米韓の連携を突き崩すことか狙いか(19/10/03)

 北朝鮮の『労働新聞』が3日、「東部の元山湾で新型のSLBM・北極星3の発射実験を行い成功した」と大々的に報じた。


 同紙は、この「北極星3」が水中から大きな水しぶきとともに発射されている様子や上空から撮影された地球など多数の写真を掲載。河野防衛大臣は同日「このミサイルが通常の軌道で発射されたとすれば、その射程が最大で2500kmに達する可能性がある準中距離弾道ミサイルということになる可能性がある」とコメント。2016年4月に発射された北極星1の飛距離は約30km、北極星2は地上発射に変えていたのに対し、最高高度900km(最大射程2500km)、しかも海中からの発射となれば、着弾間際の速度がより高速になるため迎撃が難しく、発射の兆候も掴みにくくなる。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア