視聴者からの意見やSNS投稿、テレビ局はどんな姿勢で臨むべき?ふかわりょう「感謝を忘れるな」(19/10/03)

 テレビ番組に対し視聴者から寄せられる様々な意見や、ネット上の書き込み。改善すべき問題には真摯に向き合って番組に反映させなければならない一方、どこまで対応していくべきなのだろうか。


 例えば先週土曜日に放送されたフジテレビ『週刊フジテレビ批評』でアニメ『ちびまる子ちゃん』で、60代の視聴者から寄せられたという「まる子がねだる話があるが、少ない年金の小遣いに友蔵が悩んでいるのを見ていてつらい。まるちゃんはおじいちゃん思いの可愛い子だから、そんなシーンは悲しくなる。できるだけ配慮してくれたら嬉しい」という声が紹介されるや、ネット上では論争が勃発。「なるほど。こういう意見がくるのか」「よくある孫とおじいちゃんのやりとりでは…?」「配慮ってなによ」など、様々が飛び交うこととなった。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア