ラグビー日本代表、躍進の理由に“スクラム教授”の理論も…ブームを一過性のものにしないためには?(19/10/21)

 自国開催のラグビーワールドカップで歴史的な快進撃を見せ、ベスト8という成績を残した日本代表。記者会見での選手たちの言葉には達成感が滲み、4年後の次回大会に向け、さらなる飛躍を誓っていた。


 元日本代表選手で、今大会のアンバサダーを務める伊藤剛臣氏は「ラグビー界に30年以上いるが、日本全体がこれだけラグビー・フィーバーになっているのが未だに信じられない。僕は2度出場したが1度も勝てなかったし、堀江翔太選手が2011年ニュージーランド大会終了後に帰国したとき、記者が2、3人しか来なかったと言っていたが、僕らの時代は本当にそうだった。視聴率も、行って5%くらいだったのが、今回のスコットランド戦では50%を超えた。本当に現実か」と感慨深げに振り返る。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア