若者はテレビのニュース番組を見ないのか?「情報番組は“ニュース”だけやってほしい」との本音も(19/10/22)

 若者はテレビ、そしてニュース番組を見なくなったのだろうか。MMD研究所×テスティーによる調査結果では、テレビのニュース番組は10代・66.3%、20代・59.5%と、インターネットと比べても情報ソースとして決して低くはないことがわかる。


 実際、AbemaTV『AbemaPrime』のスタジオに来てもらった18~24歳の若者たちからは、「即位礼正殿の儀」「東京五輪マラソン札幌開催」「西田局長ナイトスクープ降板」「児童虐待」「ラグビーW杯」など、それぞれに時事問題への興味関心が語られ、「朝起きてテレビをつけて、身支度をしながら時計代わりに見ている」「テレビのニュースで見て気になってアプリに飛んだ」「朝の情報番組は準備をしながら見ていたり、家に帰ってから夕方に時間がある時に夕方のニュース番組を見たりはする」といった声が上がった。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア