寝たきりで“怠け”の誤解も…叶うなら、孫と手を繋いで歩いてみたい 「筋痛性脳脊髄炎」の苦しみ(19/11/18)

 「筋痛性脳脊髄炎(ME)」「慢性疲労症候群(CFS)」を知っているだろうか。脳と中枢神経に影響を及ぼす深刻な神経難病で、実は日本国内に約10万人(推定)の患者が存在。日常生活におけるごく軽い活動によってさえ急激に身体が衰弱し、症状が悪化して回復に時間がかかるという。成人が発症前の身体機能を取り戻すのは0~6%、重症になると多くは寝たきりとなり、家族やヘルパーの支えが必要となる。


 しかし、見た目には症状の辛さが分からないため、“怠けているだけ”と見られてしまうことから、患者は二重の苦しみに直面しているのだ。18日のAbemaTV『AbemaPrime』では、当事者の女性たちを取材した。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア