「ワクチンを信頼していない国だと見なされている。予防接種を受けない医療者もいる」インフルエンザ流行の裏にあるもの(19/12/04)

 インフルエンザが猛威を振るっている。厚生労働省によると、去年と比べて流行が4週間も早く、統計を取り始めた1999年以降で2番目の早さだという。しかも全国5000の病院で先月18~24日までの1週間に報告された患者数1万5390人は、前年同期比で約6倍という多さだ。


 背景にあるのは、ラグビーワールドカップ2019を観戦するために南半球から移動してきた人々の影響との見方もある。


 AbemaTV『AbemaPrime』に」出演したナビタスクリニックの久住英二医師は「北半球ではインフルエンザが冬に流行り、2月、3月になると皆が罹りきるので勝手に流行が終わっていく。そして夏の間、ウイルスは冬の南半球に行っている。だから例年、夏の時期は東南アジアや沖縄などで流行っていて、そこに旅行に行ってきた方々が持って帰ってくることも多い。今年は流行期に入ったのがどの都道府県も早いという状況なっているが、要因として、今年の北半球の夏がすごく暑かったことと、南半球から移動してきた人が多かったということが考えられる」と話す。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア