「気づいたら家の中がシャオミだらけに?」中国の格安IoT家電がついに日本進出(19/12/09)

 中国の巨大スマートフォンメーカー「Xioaomi」(シャオミ)が、ついに日本に進出する。


 世界のスマートフォンの市場(2019年第3四半期)ではサムスン(21.8%)、ファーウェイ(18.6%)、アップル(13.0%)に続いて4位(9.1%)のシャオミ。しかしこれまで日本では公式に製品を販売して来なかった。シャオミのゼネラルマネージャー、スティーブ・ワン氏は9日の発表会で「日本はすばらしいマーケットだ。来年5Gに移行する今が、日本に進出する良い時期だと思っている」と説明した。


 この点について、携帯電話研究家の山根康宏氏は、このタイミングでの日本進出について「最も大きい理由は、端末と通信の分離が10月に始まったことだ。以前は大手メーカーのスマホが割引されて出ていたので、シャオミがそこに5万円のものを出しても、なかなか勝てない。ところが10万円のスマホは10万円で買うしかなくなったので、ここで初めてスペックは他社と同じなのに値段は安い、というものを出して戦えるようになった。シャオミには1万円くらいの安い機種もあるが、日本人はやはり品質とスペックを重視するので、“安いが品質は良くない。iPhoneを買おう”という流れになってしまう。ようやくそこに向けたものが完成したというタイミングも合ったのではないか」と話す。

続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア