「パパ活」を楽しむ男女が明かす本音と現実 罪悪感は?恋愛感情を抱くことは?(19/12/19)

 韓国の高級ホテルにいる若い女性。ここにいるワケは“パパに呼ばれたから”。韓国人男性と「パパ活」をするため、日本から飛んできたのだ。今や海外にまで進出したパパ活女子たち。この時期は時に“稼ぎ時”なのだという。


 「え、なんかヤバいイメージ」(15歳・中学生)、「気持ち悪いって思っちゃう」(18歳・学生)、「そこまでしてお金欲しいと思わない」(学生・19歳)、「学校内で一部いる。“お金ないからパパ活するわ~”みたいな」(高校生・17歳)、「(友達が)アプリとかで探したり。中3の時に“1カ月で3桁稼いだ”って言ってた」(17歳・高校生)など、ネガティブな意見が多いようだ。


 フリーアナウンサーの柴田阿弥も「こういうことに時間を使ってお小遣いをもらうより、自分で稼いで欲しいものを買いたい」としつつも、「パパ活をやっている人は意外に多い。インスタを見ていると、この子そんなに仕事ないだろうけど…と思うのに、ブランドものの写真をアップしてたりする。聞いてみると、だいたい“パパ活やってる”と。需要と供給が一致しているんだなあと思うし、援助交際などのリスクを考えてやってるんだったら、いいと思う。お金はお金」と話す。


 AbemaTV『AbemaPrime』では、パパ活の最前線にいる当事者たちに話を聞いた。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア