「女・子どもの話を国会に持ち込むなと言われた」宮崎謙介元議員と考える小泉進次郎大臣の育児休暇(20/01/15)

 「私の育休をきっかけに、環境省の中でもみんなが臆することなく、育休を取得しやすい働き方が進むことを期待している」。小泉進次郎環境大臣が15日、以前から検討していた育休取得を宣言した。


 発表後、すぐに自身のブログも更新。「妊娠・出産によってホルモンバランスが崩れ、産後の孤独な育児によって“産後うつ”になる方が約10%もいる、ショッキングな事実を知りました。私自身、妻の様子を隣で見ていて、率直に育休を取りたいと思うようになりました」と心境を吐露している。


 現職の大臣としては初めての育休。小泉大臣は「公務を最優先・危機管理も万全」とした上で、「環境省内の打ち合わせ等はメールやテレビ会議を活用」「副大臣や政務官に代われるものは代わってもらう」としている。


 2015年に男性国会議員として初めて育休取得を宣言した宮崎謙介・元衆議院議員は「世の中には思った以上に抵抗勢力がいるのだと感じられて一旦トーンダウンしたのだと思うが、それでも今回、取得宣言をされたので、“よくやった”と思う。取るべきだと思う。というか、取って当然だと思う」と話す。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア