新型肺炎対策で武漢への交通ルート閉鎖 上海在住の医師「街の空気が緊迫している」(20/01/22)

 中国で感染が拡大している新型コロナウイルス。22日、発生してから初めてとなる会見を開いた中国衛生健康委員会の李斌副主任は「ウイルスは変異の可能性があり、感染がさらに拡大するリスクがある」と発表。ヒトからヒトへの感染が認められると警告を発した。ウイルスによる肺炎の死者は23日朝の段階で17人に達し、当局は、武漢市を離れるルートの閉鎖を決定した。


 最も感染者が多い同市では一連の騒動の後、野生動物の販売が禁止されているものの、海鮮市場を撮影した映像には、感染源とされるタケネズミやアナグマなど数多くの動物が今も売られているようだ。


 武漢から東へ約700kmのところにある上海ではマスクが飛ぶように売れており、首都・北京でも通りや地下鉄にはマスクをしている人が目立つなど、中国国民の対策への意識が高まっていることを伺わせる。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア